カテゴリー別アーカイブ: 加茂周

加茂周ってどんなサッカー指導者?

サッカー日本代表といえば、「サムライ・ブルー」という公式のペットネームが人々に知られている。だが、その前には、「監督名+ジャパン」という呼称が用いられている。例えば、「加茂ジャパン」という呼称が過去には一部の呼ばれていた時期もある。

今日は、「加茂ジャパン」の加茂周監督について簡単に紹介する!

加茂周は、兵庫県芦屋市出身の元サッカー選手、サッカー指導者である。

ここでは、加茂周のタイムラインを簡単にご紹介します。

・1939年
大阪府豊中市に生まれる。

・1958年
兵庫県立芦屋高等学校入学後、上級生から薦められるままにサッカー部に入部する

・1960年
関西学院大学英文科に入学。
2年生からサッカー部に入部する。

・1964年
大学を卒業してあと、関学サッカー部の先輩に誘いを受けて、ヤンマーディーゼルサッカー部(現・セレッソ大阪)に入団

・1966年
2シーズンのあいだ同リーグでもプレーし、14試合出場1ゴールを記録している。

・1970年
配属されていた貿易部が東京に移転したが、加茂は特別に大阪に残され、サッカーだけに専念できる環境が用意された

・1974年
日産自動車サッカー部(現・横浜F・マリノス)の監督に就任。

・1985年
日産の監督に再び就任。

・1990年
配属されていた貿易部が東京に移転したが、加茂は特別に大阪に残され、サッカーだけに専念できる環境が用意された。

・1994年
日本代表の監督に就任。

・1999年
アルビレックス新潟のアドバイザーに就任。

・2001年
尚美学園大学サッカー部総監督

・2003年
大阪学院大学サッカー部総監督

・2007年
関西学院大学体育会サッカー部の監督を歴任。

・2010年
関西学院大学サッカー部の総監督に就任。日本放送協会(NHK)とGAORA(FCバイエルン・ミュンヘンTV)でサッカー解説を担当している

まとめ:

2017年8月、加茂周監督が日本サッカー殿堂に入った。ご存知のように、加茂周がサッカー日本代表監督を務めたあと、1998FIFA・ワールドカップアジア最終予選では、途中解任されると言うことを受けた。この途中交代の印象から加茂周監督は悲劇の監督というイメージが残った。だが、彼が監督としての実績が抜群だと思う。